【アメリカ】お得な米ドルの両替おススメはどこ?

アメリカドルを両替するときにどこでするべきか。

「さぁ、これからアメリカ行くぞ!」って時に米ドルが必要ですよね!
額は多かれ少なかれ旅行や渡米される際に日本円から米ドルに両替しなくちゃいけません!

何も知識が無いまま両替してしまうとものすごい損をしていますよ!!

外貨両替も色んなサービスがでてきており、時間が無い人向けやお得に両替したい人、簡単に済ませたい人向けなど両替方法は一つではありません

私はお金が無かったものですから渡米する前にどうすると一番お得に換金できるんだろうと調べまくりましたので、お得に米ドルを両替する方法は私の得意分野です!
これを調べるのにあの時は何日も時間がかかりましたが、一番いい方法と他の選択肢を皆さんにお教えします。

アメリカで換金が1番ダメ

まず言えることはアメリカよりも日本で両替する方がお得です!
アメリカでは日本円の流通する量が少ないのでどうしても割高になります。
米ドルとユーロとポンドも日本でする方がお得です。それ以外の通貨は現地でする方がお得です。
アメリカ現地で両替はどうしても現金が必要になったときだけ少額を両替するようにしましょう。
友だちと割り勘する時に手持ちのドルが無いっていうときは、日本円で返す方がいいです!
友だちが良ければですが。。

日本国内で両替できる場所

日本国内で両替する方法が1番有名で皆さんが両替しやすいと思います。

空港

(成田・羽田・中部国際・関空)
各銀行が出す割引券でお得に換金できます。
ちなみにアメリカでは高額紙幣はあまり好まれません。20ドル以下の紙幣に両替してもらいましょう

銀行

大体の銀行がやっていますのでレートが安い日に外貨に両替します。

外貨両替宅配サービス

インターネットから外貨両替を申し込み、郵便書留で現金を届けてもらうサービスです。
忙しい方にオススメです。送料など含めると銀行と両替するのとそんなに変わりません。

両替店や金券ショップ、旅行代理店など

銀行で両替するよりも大黒屋で両替する方が安くなる場合もあります。

2017年6月現在111.10円を行き来している場合各銀行などの両替価格のレートです。

みずほ銀行   米ドル USD 114.08
三井住友    米ドル USD 113.88 
大黒屋     米ドル
トラベレックス 米ドル USD 113.87

1ドルにつき約2.5~3円程手数料で引かれてしまっています!!
1000ドル両替するだけで2500円も引かれます。

マネーパートナーズ使用で手数料3000円が170円!

これが一番お得な方法です!
渡米するまでにまだ3週間ほどお時間があり、ネットバンクの口座をお持ちなら是非是非このサービスを利用しましょう!
私はこのマネーパートナーズ(マネパ)の外貨空港受取のサービスを利用して手数料を大幅に減らすことが出来ました

破格の93%off。

お得に両替できた分、ワンランク上のホテルに行ったり、おいしいご飯を食べたり、自分へのお土産など買えますね!
ドルだけでなく、ユーロ・英ポンド・スイスフラン・韓国ウォン・中国元が空港で受け取れますので、また他の国の現金がほしいときにこのサービスが使えますね。

マネーパートナーズのいいとこ

①破格の両替手数料

1000ドルの両替手数料2000円~2500円→約170円に!
1ドルの手数料は2.5-3円→約17銭に!!

②FX口座を開設してもFXを利用しない方でも外貨両替のサービスが使えます!

③成田・羽田・中部国際・関西国際空港の4か所で外貨の現金が受け取れます!

④口座開設・維持費・管理費すべて無料です!

⑤口座開設は最短翌日で完了し、外貨受取は最短4日で出来ます!

⑥事前に口座開設しておけばお好きなレートの時に両替できます。

まとめ

時間が無い方は空港で出発前に換金するのがいいですが、一番お得にするならマネーパートナーズです!
一度、口座開設してしまえば今後は旅行前に外貨申し込みをして受け取るだけです。
自分でレートを選んで換金できるのもいいですね。
今まで空港で換金をしていたのですが、マネパは圧倒的に安いので現在はこの方法を家族や友人にすすめています!

関連記事

【アメリカ】あなたは知ってる?チップの支払い目安全集

【ニューヨーク】ジャズの本場BLUE NOTE(ブルーノート)の予約方法

ニューヨークで買ったベビー&子供のコスプレと着ぐるみ衣装☆

【ニューヨーク】THE RIDE とTHE TOUR両方乗ってみた

25セントをコレクションしよう!全56種類集められるかな?

NO IMAGE

どこが繋がる?ニューヨークのWi-Fi情報